岡崎市 おの歯科では、痛みの少ない治療と優しく丁寧な説明を重視しています

お薬手帳をご存知ですか?

みなさんはお薬手帳をご存知ですか?

病院や薬局に行ってお薬をもらう時にお薬手帳を持って行きますよね。

「歯科医院では必要ないだろう?」と思っていませんか?

実は歯科医院でも「お薬手帳」を持ってきていただけるととても助かるのです。

歯科の治療は、患者さんが想像している以上に、患者さんの持病や、持病の治療薬に影響を受けます。

そのため歯科は十分な配慮をして治療後の経過をよくしたり、治療を安全に行うために、患者さんの持病や服用しているお薬について、できるだけ正確な情報が必要なのです。

こんにちは、院長の小野です。

では、なぜお薬手帳が歯科でもやくだつのでしょうか?

からだとお口の中のことは。ともすると別物と思われがちです。

しかし実際には、持病や治療薬が歯科に与える影響は大変大きいものです。

血液をサラサラにするお薬を飲まれている患者さんが、そのことを歯科で黙っていて歯を抜いたら、血が止まらなく大ごとになってしまいます。

ですから、歯科医師が適切な配慮をして安全にするためには正確な情報が必須なのです。

そうはいっても、すべての患者さんがご自分で飲んでいるお薬を把握しているかというと、なかなかそうはいきません。

そこで頼りになるのがお薬手帳です。

これを問診時に見せていただければ、情報が把握でします。

ですから、歯科に行く時もお薬手帳は忘れずにお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

インドアビュー